ぜひ訪れてほしい観光スポット

タイのローカルなお祭りサムットプラカーン県の”プラサムット・チェディ”

更新日:

サワディーカー!

タイのお祭りと言えば、4月に水掛祭りとして有名な”ソンクラン”が有名ですが、タイにはその他にも大きなお祭りがあるのをご存知でしょうか?

本日はタイのサムットプラカーン県にある巨大な仏塔祭りの”プラサムット・チェディ”をご紹介致します。

”プラサムット・チェディ”とは?

”プラサムット・チェディ”は別名『水中仏塔』と呼ばれ、サムットプラカーン県のシンボルとして、チェディ(仏塔)に赤い布をかけてました。

チェディのある場所は、チャオプラヤ川に浮く島として、アユタヤ時代頃からバンコク王朝中期まで、海軍の領土だったそうです。

この場所は、貿易が盛んな港町として、街を護衛するための重要な場所とされていたそうです。

バンコク王朝が、毎年プラサムット・チェディを参拝に訪れていたため、現在も毎年10月9日から9日間にわたって、お祭りが開催されました。

お祭り会場へのアクセス

お祭りへのアクセスは、バンコクからBTSで最寄の駅まで行き、そこから渡し舟で”プラサムット・チェディ”まで行く方法が一番効率が良いです。

今ではBTSが延伸し、BTSパクナム(Pak Nam)駅のスカイフォークを歩き進めると、時計台が見えてきます。

 

 

スカイウォーク下はお祭り一色となっていました。

 

 

夕方前に行きましたが、既に道路沿いはお祭りモードでした。

お祭り会場はタイ人で大にぎわい

私たちは夕方に到着しましたが、すでにタイ人で賑わっておりました。

 

 

夕日が眩しかったですが、渡し船で向こう岸まで行くので、夕日の方角へと歩き進めました。

 

 

お祭り会場では、日本のキャラクターのぬいぐるみがゲームの景品としてありましたが、

よく見ると、微妙に顔が違います….

 

 

こちらの観覧車、夜になると多くのタイ人が乗っておりましたが、結構揺れていて見ているだけでも怖かったです。

大人が入ると狭すぎて、失礼ながら檻の中に窮屈そうに入っている印象でした...

渡し舟でメイン会場へ

 

仏塔(チェティ)のある会場へはこちらの舟に乗って向かいます。

 

 

舟はお一人6バーツでした。(約22円)  2019年10月現在

舟には観光客は一人もおらず、タイ人で満席でした。

 

 

左奥に橋が見えてきました!!もうすぐメイン会場に到着です。

 

 

舟の乗車時間は5分ほどですので、目的地へはすぐに到着しました。

 

メイン会場へ

到着してすぐのイベント会場の隅で、若い男の子が、ビール瓶で器用にタワーを作っておりました。

とても器用なタイ人です。

 

 

お祭り会場では、日本では見ない商品もたくさんありました。

こちらは香りキャンドルです。芳香剤よりキツめの匂いでした。お好みの香りがあれば、

タイ人はトイレやクローゼットに小分けにして置いておくそうです。

 

 

野菜タワーのごとく、並々と盛られた野菜たち…。

こちらはレストランでお料理を注文すると食べ放題との事でした。

 

恐怖の橋の塔へ

橋のある塔も普段は早くに閉鎖するそうですが、お祭りなので遅くまで開放されているため、私たちも早速行って見ました。

橋の入り口に到着すると驚きました!

 

 

まるでお化け屋敷です。

 

 

真っ暗の中、携帯の明かりを灯しながら歩きました。

ですが、橋に到着すると、とても綺麗な景色が広がっていました。

 

 

奥に見えている赤い布を巻いた仏塔が、6時ごろにライトアップされました。

 

 

暗くなるにつれて一段とネオンの光が輝き出しました。

 

 

こちらが今回のお祭りメインの仏塔(チェディ)です。

 

 

仏塔には、ブッタの骨が納められており、敬意を込めて、仏塔の周辺は裸足で歩くようになっております。

ですが、素足で歩くと足の裏が驚くほど真っ黒になりますので、靴下もしくは足の裏を拭く事をお勧めいたします。

 

 

まだまだ見所がたくさんある、年に一度のローカルなお祭り

”プラサムット・チェディ”

ぜひ皆様も行かれてみてください。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

LINE@ に登録でタイの最新情報を配信中!

LINE@ にご登録いただきますとツアーのご案内を最優先で配信致します。

また、インターネット上で公開できない『最新情報や裏情報』などを配信していきます。

こうした「特別な情報」については今後は「LINE@」にて限定配信する予定です。

是非、今のうちからアカウントをフォローしておいていただければと思います。

友だち追加はQRコードを読み取っていただくか、アイコンをクリック(タップ)してください。

または、スマホで「@ors2384c」をID検索してください。

 

沖縄の穴場スポット

2021/3/28

沖縄家庭料理の定番といえばここ!有名なそば専門店”そば家鶴小”(ちるぐゎー)@那覇

こんにちは!沖縄で人気の沖縄そば。以前、上品な沖縄そばのお店”てぃあんだー ”をご紹介致しましたが、今回は沖縄で4店舗を展開しており、地元民だけでなく、観光客や団体客にも人気の大手沖縄そば専門店”そば家鶴小”(ちるぐゎー)をご紹介致します。 そば家鶴小 壺川店 ”そば家鶴小”は、県内でステーキハウスなど、多くの飲食店を展開しているキャプテンズグループの一角です。 ”そば家鶴小”は沖縄県に複数店舗がありますが、今回私は那覇壺川店へお邪魔いたしました。 那覇空港から車で10分ほどの場所にあり、モノレール壺川駅 ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2021/3/28

沖縄で女性客殺到!無料タロット占いBAR"REST BAR Cancer.55e”(キャンサー フィフティファイブイー)@那覇

こんにちは!前回訪れた霊視鑑定で占い等に興味を持った私が、次に訪れたのが"REST BAR Cancer.55e”(レストバー キャンサー フィフティファイブ イー)。 なんと!タロット占いが完全無料で出来るBARとして、あっという間に口コミで広がり、連日女性客で満席のBARです。 早速行ってきましたのでご紹介いたします。 BARへのアクセス お店は那覇市東町にあり、ゆいレール旭橋駅から徒歩3分の場所にある”グレープハウス”というビルの4階にあります。 お店の雰囲気 お店の入り口です。エレベーターで4階ま ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2021/3/28

沖縄で海が一望できるフランス料理の名店”HIBISCUS"(イビスキュス)@南城市

こんにちは!沖縄といえば、沖縄そばやチャンプルーなどの沖縄料理が定番ですが、たまにはフレンチも食べたい♡と言う方に必見です!沖縄の食材を使った沖縄フレンチ料理を提供する”HIBISCUS"(イビスキュス)。大自然とエメラルドの海が一望でき、世界遺産の斎場御嶽(せーふぁーうたき)のある沖縄南部の南城市にひっそりとお店を構えて早6年。口コミであっという間に広がり、いつしか予約必須のフレンチ料理の名店となりました。本日はそんな大人の隠れ家”HIBISCUS"(イビスキュス)についてのご紹介です。 お店へのアクセ ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2021/3/28

沖縄土産にオススメ!環境に優しいサンゴ焙煎コーヒー”35COFFEE”@那覇

こんにちは!ちんすこうや紅芋タルトなど、沖縄名物の沖縄土産は多くありますが、皆さんは沖縄限定のサンゴで焙煎されて作られた沖縄産のコーヒー”35COFFEE”をご存知でしょうか?”35COFFEE”は、沖縄のサンゴを使ってコーヒー豆を焙煎した環境にも優しいコーヒーです。本日は35COFFEEの魅力についてご紹介いたします。 ドン・キホーテ国際通りトライアルカフェ店の場所 ”35COFFEE”は、ゆいレール駅構内にもいくつか設置しており、沖縄では割と手軽に購入できますが、今回は国際通りのドン・キホーテの中にあ ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2020/12/31

沖縄で人気のまったりと過ごせる老舗の海カフェ”浜辺の茶屋”@玉城

こんにちは!沖縄で海を眺める事ができるカフェは多くありますが、砂浜が目の前に広がり、沖縄の海や潮風に溶け込むような感覚を体験することができる人気の老舗海カフェ”浜辺の茶屋”。多くの方が癒しを求めて訪れるので、いつも大行列のお店です。本日はそんな有名な”浜辺の茶屋”のご紹介です。 カフェへのアクセス カフェは、那覇空港から車で約40分ほどの場所にあり、以前にご紹介した奥武島やタイ料理のシャムも近いので、ドライブしながら非日常を味わうには最適のエリアです。 カフェの雰囲気 一瞬、車で通り過ぎそうになりましたが ...

ReadMore

-ぜひ訪れてほしい観光スポット

Copyright© タイ を遊びつくす! DEEPバンコク , 2021 All Rights Reserved.