タイ最先端の美容情報

アバイブーベ病院の魅力を語るツアー編がついに最終回 ~ Part3 ~ 完結編

更新日:

サワディーカー!

アバイブーベ病院ツアーへ参加し、複数に渡り、アバイブーベの魅力についてお届けしております!

今回はアバイブーベ病院ツアー完結編です。

第1弾ではアバイブーベについてと本格マッサージの体験レポです。↓

https://world-travel-diary.com/wp-admin/post.php?post=342&action=edit

第2弾では、アバイブーベ博物館やハーブ園、直営店や薬局についてご紹介致しました。↓

https://world-travel-diary.com/wp-admin/post.php?post=387&action=edit

今回は広大なアバイブーベ敷地にあるレストランやアバイブーベ病院についてお届けいたします。

前回と前々回のお話はこちら ↓

タイのオーガニックコスメ”アバイブーベ”を手掛けるアバイブーベ病院ツアー ~ part2 ~

続きを見る

タイのオーガニックコスメ”アバイブーベ”を手掛けるアバイブーベ病院ツアー ~ part1 ~

続きを見る

アバイブーベの病院とノニジュースの販売店

アバイブーベには、博物館やマッサージ施設だけではなく、もちろん一般病院としても運営しております。

 

 

アバイブーベの敷地に入り、ちょうど正面がアバイブーベ病院になります。

 

 

病院の建物には、セブンイレブンもありました。

 

 

セブンイレブンのお隣には、ノニジュースやオーガニック野菜などの販売店もありました。

 

 

アバイブーベ製品のノニジュースはとても有名とのことでした。

 

 

この病院を正面から見て、左側に高級スパ&レストランが併設されておりますので、早速行ってきました。

高級スパ&オーガニックレストラン

レストランは同じ敷地内にありますが、博物館やマッサージ施設からは少し離れた場所にあります。

病院からまっすぐ進むと、車いすやタンカーなどがズラリと並んでいます。そちらもさらに超えた場所にレストラン施設の建物があります。

 

 

以前にご紹介したマッサージ施設からは、高級スパ施設が見えない位置にあるため、お食事場所はマッサージ施設裏の屋台のみと勘違いしてしまいますが、この高級スパ施設に、ちゃんとしたオーガニックレストランやカフェもありますのでご安心ください。

 

 

こちらが、高級スパ&オーガニックレストラン施設になります。

建物は綺麗な淡い緑色の建物で、見るからに高級そうな施設です。

 

 

こちらの施設も入り口前に靴箱がありますので、靴を脱いでから入ります。

 

 

入り口の扉を開けるとスパの受付が目の前にあり、”レストラン”というカタコトの言葉でも通じました。レストランはこちらの受付の真後ろにあります。

 

 

受付けの両サイドにこのような可愛らしい配置のインテリアがズラリと並んでいます。

 

 

受付の真後ろからの写真です。

テレビに出てきそうなゴージャスな施設で、高額なレストランなのではないかと内心ヒヤヒヤしていました。

さっそくレストランへ。レストランはこの緑の扉の向こうだと案内されました。

この入り口の両サイドにはお手洗いもあります。

 

 

扉を開けると、先ほどのゴージャスな空間とはまるで別世界の食堂のようなキッチンでした。

 

 

間違えて裏口に入り込んでしまったのかと思いましたが、こちらのキッチンの両サイドがレストランになっております。

どちらに入っても同じレストランです。

 

 

レストランには地元のお客さんも多く見かけました。

 

 

メニューを頂きましたが、全てのお料理写真が載っていないので、オススメがよく分かりませんでした。

 

 

私は少し喉を痛めてしまっていたので、お野菜たっぷりの暖かいスープでも頂こうと思い、こちらのお料理をオーダーしました。

 

 

Jungle red curry with meat 120B

辛いものが好きな私ですが、レッドカレーが想像以上にスパイスが効いており、喉の痛みを忘れるほど辛かったです。

涼しい店内で、私だけ汗だくで食べていたと思います。

ドリンクはジャスミンティーをお願いしました。

 

 

ツアーでお友達になった方はヘルシーな野菜たっぷりの生春巻きとバタフライピーを頼んでいました。

実はお友達と途中で逸れてしまい、お友達はこの場所が分からず、マッサージ裏の屋台で食事を済まされた後に合流したのです。

ですが、せっかくだからとお料理も注文しておりました。

 

 

バタフライピーはとても飲みやすいと仰っておりました。

 

 

お会計は全部で303バーツ (約1400円)

高級スパ併設のレストランでしたが、とてもリーズナブルで美味しいお料理を堪能できました。

高級スパとお伝えしておりましが、お値段の平均は1000バーツほどでしたので、とても手が出せない値段ではないです。

 

 

高級スパ施設の方からアバイブーベ博物館の方へ戻り、ツアーバスに乗ってバンコクへ戻りました。

 

まとめ

今回初めてアバイブーベ病院ツアーへ参加しましたが、アバイブーベ病院は、アバイブーベの魅力が沢山詰まったとても素敵な場所でした。

バンコクから渋滞がなければ、2時間ほどで到着します。

皆さんも機会があれば是非行かれてみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

LINE@ に登録でタイの最新情報を配信中!

LINE@ にご登録いただきますとツアーのご案内を最優先で配信致します。

また、インターネット上で公開できない『最新情報や裏情報』などを配信していきます。

こうした「特別な情報」については今後は「LINE@」にて限定配信する予定です。

是非、今のうちからアカウントをフォローしておいていただければと思います。

友だち追加はQRコードを読み取っていただくか、アイコンをクリック(タップ)してください。

または、スマホで「@ors2384c」をID検索してください。

 

沖縄の穴場スポット

2020/9/16

食べて納得!たまご屋さんが作る本気のスイーツ”美ら卵養鶏場”(チュラタマ ヨウケイジョウ)@沖縄

こんにちは!和食から洋食、スイーツに調味料など、私たち日本人にとって食べる機会の多い卵料理。そんな卵を自家農場でこだわって作り、卵はもちろん数多くのスイーツを提供しているお店が”美ら卵養鶏場”(ちゅらたまようけいじょう)。実は以前にご紹介したよだれの王子のふわっふわなパンケーキに使用されていた卵も”美ら卵養鶏場”の卵でした。その時からこちらのお店が気になっており、先日ようやく行ってきましたので、早速ご紹介致します。 お店へのアクセス ”美ら卵養鶏場”は沖縄で2店舗展開しており、南風原店(はえばる)と沖縄市 ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2020/9/8

沖縄の隠れ家!身体が喜ぶヘルシーな家庭料理のお店”りゅう菜”@浦添

こんにちは!沖縄県浦添市経塚(うらそえし  きょうづか)のとある一軒家に、沖縄の島野菜をふんだんに取り入れたヘルシーなお料理を提供しているお店があります。お店の名は”りゅう菜”。本日は浦添市にあるこじんまりとした隠れ家”りゅう菜”をご紹介いたします。 お店への行き方 お店は、沖縄で大きなショッピングセンター”株式会社サンエー”が運営するサンエー経塚シティの近くにあります。まずはサンエー経塚シティを目指して向かうと良いと思います。 りゅう菜への行き方は2パターンあります。 経塚駅からだと、上記ブルー色の行き ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2020/9/1

当たりすぎて怖い!沖縄で超有名な霊視鑑定のお店”安室の餃子店 蓮華粥”@豊見城

こんにちは!突然ですが、皆さんはスピリチュアルな世界を信じますか?もしくは、霊的存在を信じていますか?私は幽霊とかスピリチュアルな世界は存在するだろうと思いながらも、霊感がま〜ったくないので、心のどこかでは半信半疑でした。そんな中、友人のある出来事をきっかけに興味本位で行ってみた霊視鑑定。実際に伺ってみると、鳥肌が立つほど当たりまくっていて、恐怖さえ感じたので是非ご紹介させて下さい。 霊視鑑定へ行ってみようと思ったきっかけ 今回私が霊視鑑定に興味を持ったのは、不妊症に悩む友人のある出来事がきっかけでした。 ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2020/8/22

オーガニックで身体から健康に!”nokoto cafe”@沖縄 那覇

こんにちは!那覇市内のとある一角に、沖縄の食材にこだわり、オーガニック料理を提供するお店として女性客に大人気の”nokoto cafe”(ノコト カフェ)。お食事だけでなく、居心地の良さにも評判のあるお店ですので、早速ご紹介いたします。 お店へのアクセス方法 お店は、沖縄県那覇市小禄(おろく)にあり、那覇空港から車で約10分ほどの場所にあります。モノレールの奥武山公園駅(オオノヤマ)駅からは徒歩10分ほどで到着します。那覇から豊見城向けに進むと、2020年6月にオープンしたアクロスプラザ小禄という商業施設 ...

ReadMore

沖縄の穴場スポット

2020/8/18

やみつきになる美味しさ!沖縄の老舗タイ料理”シャム”でランチ@南城市 玉城

こんにちは!沖縄でタイ料理が恋しくなったら、是非訪れてほしいのが、タイ料理の”シャム”。沖縄県で、20年以上続く老舗のタイ料理店です。本日はそんなシャムでランチをしてきましたので、早速ご紹介いたします。 アクセス方法 お店は、那覇空港から車で約40分ほどの場所にあり、のどかな自然が広がる南城市玉城(なんじょうし たまぐすく)にあります。お店の周辺には、南城市陸上競技場などがありますが、那覇空港から公共機関で行くのは、少し難易度が高いので、タクシーやレンタカーをお勧めいたします。 お店の外観はこちらです。2 ...

ReadMore

-タイ最先端の美容情報

Copyright© タイ を遊びつくす! DEEPバンコク , 2020 All Rights Reserved.